準備の方法

婚約指輪を渡すまでの第一段階は予算を決めて貯金を始めることです。高価な指輪が相手に喜ばれるとは限りませんが、やはり予算が大きいほうが相手の好みに合う指輪を選ぶうえで有利です。ですからまずは婚約指輪を購入するための資金としてお金を貯め始めるべきです。

次にどのようなデザインまたは宝石の指輪を選ぶかを決めます。主流はダイアモンドが埋められた指輪ですが、近年はそれ以外の選択肢も多くあります。モアサナイトなどの宝石もその一つで、美しいうえ価格もダイヤモンドより手ごろで購入しやすいといえます。

以上までのことは実際にお店に行く前の段階で行っておくのがよいでしょう。購入する指輪のイメージが定まらないままお店に行っても、いい指輪は選べませんし、もっと悪い場合お店に勧められるままに高い指輪を買う羽目になるかもしれないからです。

指輪がある程度決まったら、実際にお店に赴き、自分の条件と予算に合う指輪を選んで購入します。ちなみに男性が一人で購入しに行く場合、相手の指輪のサイズを確認しておくことが必要になります。方法としては直接確認する、友人から聞いておく、などがあります。あるいは普段彼女がつけている指輪を自分ではめてみて、そのときのサイズ感を購入時にお店のスタッフに伝えてサイズを見定めてもらうという方法もありかもしれません。