渡すタイミング

指輪の購入が終わると、次はいよいよ待ちに待ったプロポーズ本番です。忘れてはならないのは、婚約指輪は単なる装飾品ではないということです。それは男性が女性に誓う永遠の愛の証なのであり、その真実で真摯な想いを形にしたものなのです。おそらく同じ相手に婚約指輪を贈るのは一生に一度しかないはずです。だからこそ、購入までと同じかそれ以上の用意周到さをもって相手に指輪を渡すべきです。

もし相手に内緒で購入したのであれば、プロポーズ当日までは購入したことを内緒にしておき、プロポーズの日に、お互いのムードが高まってプロポーズの言葉を述べる直前か直後に渡すとよいでしょう。照れくさがったり中途半端な態度で渡すのは禁物です。堂々と、そして相手への愛の気持ちを込めて渡すと、彼女の喜びと感動も倍になるでしょう。

ちなみに伝統を重視するのであれば結納の際に婚約指輪を渡すという手もあります。婚約記念品をお披露目するというのは結納の手順にも沿っていますし、相手だけでなく相手のご両親の前で結婚を約束するということでとても良い意味を持ちます。

どのような方法やタイミングで渡すとしても、必ず男性の真心が婚約指輪に込められていなければ意味がありません。一生に一度の機会ですから、準備から婚約指輪を渡すまでしっかり計画し、ぜひとも悔いのないプロポーズにしましょう。

指輪購入のタイミング

さて、婚約指輪はいつ購入すればよいのでしょうか。プロポーズで渡したければその前に購入すべきことはもちろんですが、かといって直前に購入すると間に合わない場合もあります。まず購入する指輪が既製品か、それともオーダーメイドかによって、商品が手元に届く時期も異なってきます。

既製品の場合は、デザイン自体は出来上がっていますが、それでもサイズの調整が必要になります。サイズ調整で早くとも3週間はかかるとみておいたほうがよいでしょう。これに加えて指輪の内側に日付やイニシャルなどを彫り込むこともありますから、やはりその分も含めて日数がかかることを想定しておくべきです。実際は既製品の場合、納品まで約1ヶ月はかかるとしているブランドが多いようです。事前に購入予定のお店のホームページなどで、受け渡しまでどれくらいの期間を要するか確認しておくことが必須です。

オーダーメイドの場合はさらに時間がかかります。既製品にダイヤを追加したり、あるいは一から自分たちでオリジナルのデザインを作ってもらう場合などは1-3ヶ月ほどかかると考えておくべきでしょう。いずれにせよプロポーズまでに間に合わせるためにも、余裕をもって指輪購入までの作業を進めておきたいものです。

準備の方法

婚約指輪を渡すまでの第一段階は予算を決めて貯金を始めることです。高価な指輪が相手に喜ばれるとは限りませんが、やはり予算が大きいほうが相手の好みに合う指輪を選ぶうえで有利です。ですからまずは婚約指輪を購入するための資金としてお金を貯め始めるべきです。

次にどのようなデザインまたは宝石の指輪を選ぶかを決めます。主流はダイアモンドが埋められた指輪ですが、近年はそれ以外の選択肢も多くあります。モアサナイトなどの宝石もその一つで、美しいうえ価格もダイヤモンドより手ごろで購入しやすいといえます。

以上までのことは実際にお店に行く前の段階で行っておくのがよいでしょう。購入する指輪のイメージが定まらないままお店に行っても、いい指輪は選べませんし、もっと悪い場合お店に勧められるままに高い指輪を買う羽目になるかもしれないからです。

指輪がある程度決まったら、実際にお店に赴き、自分の条件と予算に合う指輪を選んで購入します。ちなみに男性が一人で購入しに行く場合、相手の指輪のサイズを確認しておくことが必要になります。方法としては直接確認する、友人から聞いておく、などがあります。あるいは普段彼女がつけている指輪を自分ではめてみて、そのときのサイズ感を購入時にお店のスタッフに伝えてサイズを見定めてもらうという方法もありかもしれません。

プロポーズ用の婚約指輪

カップルが愛を誓い合う人生で最も重要な時間、それはまさしくプロポーズのときではないでしょうか。婚約指輪をプロポーズのときに渡さないカップルもいますが、何といっても女性にとってはプロポーズで受け取る婚約指輪は憧れでもありますし、とても重要な意味を持つものでもあります。

しかし昨今の状況を見てみると、特に若い男女の間で婚約指輪が以前ほど重視されなくなってきており、結婚指輪だけで十分と考えるカップルもいれば、指輪自体を買わないというカップルも増えてきています。このような風潮の原因の一つには男性側の考え方や心理があります。婚約指輪を渡す男性側からしてみると、一生の中でも非常に値段の高い買い物であるうえ、「どんなリングを選べばよいかわからない」とか「何となく恥ずかしい」などというように失敗が懸念される面もあるものです。

しかしこのような不安は、婚約指輪を選んでからプロポーズに至るまでのことをしっかりと計画し、準備することによってぬぐえます。婚約指輪を渡すまでには具体的にはどのような段階を踏めばよいのか、そして各段階において注意すべきポイントはどのような点かを、しっかり情報収集して見定めておけば、プロポーズを記憶に残る日、カップルにとって最高の日とすることができるのです。

女性の多くは、婚約指輪を受け取ることに強いあこがれを抱いているものですが、婚約指輪に関する話題は意外とカップルの間では出にくいものです。女性側の気持ちを台無しにしてしまわないためにも、ぜひ男性側がまずは婚約指輪に対する認識を高め、しっかりとプロポーズに向けて準備をする必要があります。